実施要項

【年賀はがきコンクールとは】

当法人では、文部科学省の学習指導要領に基づいた書写教育の普及に寄与することを目的とし、年間5つの全国コンクールおよび展覧会を開催致しております。
中でもこの「年賀はがきコンクール」は、日本の伝統文化である賀詞を題材とし、「文字を正しく整えて読みやすく書く」ことを大切にする心情を育てる好機であるといえます。
実施要項の内容をご覧いただき多くのご出品をいただきますよう、お待ちしております。

【実施要項】

1)行事名 第36回全国年賀はがきコンクール
2)目 的 「文字を正しく整えて読みやすく丁寧に書く」ことを大切にする心情を育て、日本の新年を祝う慣例行事と文字文化振興発展に寄与する
3)主 催 一般社団法人 全国書写書道教育振興会
4)後 援 総務省・文部科学省・全国連合小学校長会・全日本中学校長会・全国高等学校長協会・東京都教育委員会・(一社)日本パソコン能力検定委員会
5)協 賛 日本書写書道検定委員会
6)出品締切 2020年1月15日(水)必着
7)出品資格 年齢不問
8)出品料 団体(5点以上出品する学校・幼稚園・保育園・塾などを対象といたします):幼児~高校生550円・学生~一般1,100円
個人応募:2,160円

9)出品規定 ※今年度より規定・自由の部門分けは廃止いたします

・課 題 参考課題の語句、・またはこれに準ずる年賀にふさわしい語句
・出品点数 制限なし ※ただし出品点数に関係なく賞の授与は一人に一つ
・用紙種別 郵便年賀はがき・郵便はがき・応募用はがき(事務局販売※昨年度までのものは「はがきサイズ(縦148mm*横100mm)」に切り取ってご使用ください。
およびこれに準ずるものを使用
審査条件を一定にするため原則として色は白、柄入りは不可
・筆記用具 ●幼児・小学生:鉛筆(B・2B程度)
●中学生以上:なるべく鉛筆以外の筆記用具
※消せるボールペンは使用しないこと
・作品記名 中学生以下は作品左側に必ず「学年・氏名」を記入する、高校生以上は氏名のみ記入する。
●学年記入例:よう(幼児)・小一・中一
●学年は漢数字を使用のこと
●幼児は名前のみでも可
・書 体 ●幼児・小学生:楷書
●中学生:楷書または行書
●高校生以上:自由
・用紙方向 縦使用(縦148mm×横100mmにて使用)
・シニア優遇 75歳以上の出品者に審査の優遇あり(※出品票に年齢を記載した方のみ対象)
・出品票 必要事項を楷書ですべて記入し、はがき下部に裏面よりのりで貼る
一人で2点以上出品する場合には、代表作品1点のみに出品票を貼る
・その他 出品方法の不備および書類の記入不備は審査対象外

 

10)参考手本 3通りの方法でご利用ください

  1. 事務局より購入
  2. 本会ホームページよりダウンロードしプリントアウト
  3. コピー

11)参考課題

学 年 課 題
年中以下 まつ
年 長 おめでとう
小 1 しんねん おめでとう
小 2 はつ日の出を見にいきました
小 3 思いやりの心を 大切にしたいと思います
小 4 おめでとうございます
今年は東京オリンピックが楽しみです
小 5 新年おめでとうございます
広く学び世界にはばたく人になりたい
小 6 新年おめでとうございます
目標に向かって努力することを忘れないようにします
中学(楷書・行書) 新年おめでとうございます
文武両道を目指して努力し 生きる力を身に付けるようにします
高校(硬筆) 恭賀新年
何事にも果敢に挑戦し 自分にとって有意義な年にしたいと思います
高校(毛筆) 新年のお祝いを申し上げます
教学相長ずの意味を考え 進んで後輩の指導にも努力したいと思います
学生・一般(硬筆) 謹んで新年のお慶びを申し上げ
本年も変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます
学生・一般(毛筆) 謹賀新年
新しい時代を迎え皆様の一層のご多幸とご発展を心よりお祈りいたします

 

12)出品方法

●団体出品
  1. 出品票に必要事項を記入し、作品にのりで貼る。一人で2点以上出品する場合には、代表作品1点にのみ出品票を貼り、その作品を一番上にして束ねる。
  2. 【事前審査をする】→作品を成績順(よい順)にならべ出品票に作品番号をふる。【事前審査はしない】→作品を学年順(小さい順)にならべ出品票に作品番号をふる。
  3. 出品料を振り込み、受領証のコピーを出品申請書に貼る。(口座送金の場合は送金日をご記入ください)
  4. 作品と出品申請書を送る。※出品目録は不要
●個人出品(必要書類はダウンロードが可能です)
  1. 出品票に必要事項を記入し、作品にのりで貼る。一人で2点以上出品する場合は、代表作品1点にのみ出品票を貼り、その作品を一番上にして束ねる。
  2. 出品申込書に必要事項を記入する。
  3. 出品料を振り込み、受領証のコピーを出品申請書に貼る。(口座送金の場合は送金日をご記入ください)
  4. 作品と出品申込書を送る。
●作品送付先
〒198-0036東京都青梅市河辺町10-14-12(一社)全国書写書道教育振興会 宛 ※『第36回全国年賀はがきコンクール作品在中』と明記してください。
●出品料などお振込み先
【郵便振替口座】記号番号:東京00102-9-585989/加入者名:一般社団 全書会

【銀行振込口座】ゆうちょ銀行/種別:当座/支店名:0一九店(ぜろ・いち・きゅう・てん)/口座番号:585989

 

13)審査 文部科学省の学習指導要領に基づき、本コンクールの目的にそって手書き文字を主体とした審査を行う。

審査段階 審査実施者 審査内容
事前審査 団体責任者・指導者 作品を成績の良い順に並べて提出する。
※事前審査の成績順位が審査会において尊重されます。事前審査は任意です。
二次審査 大会審査委員 誤字・脱字・規定違反などをチェックし、事前審査を参考に上位賞候補を選ぶ。
中央審査 中央審査委員 上位賞の再審査。学年別に審査し、特別賞を決定する。

 

14)結果発表 2020年2月初旬

15)褒賞:(特別賞)総務大臣賞・文部科学大臣賞・特別名誉大賞・学年優勝杯・一般優勝杯・日本年賀はがき特別大賞・全書会会長賞・日本年賀はがき大賞・日本年賀郵便大賞・日本年賀はがき準大賞・日本年賀郵便準大賞・全書会賞・年賀郵便奨励賞・審査委員会賞・書写検賞・特別教育奨励賞

(本賞)優秀特選・特選・金賞・銀賞・銅賞

16)賞状・賞品の発送 2020年2月末より順次発送予定

17)展覧会について ネット展:2020年2月28日(金)より

優秀作品展示:2020年11月1日~11月8日 於:東京都美術館
※表彰式は実施致しません

18)その他

  • 作品はすべて未発表のものに限ります。
  • 出品作品は努めて保護いたしますが、不慮の事故による損傷にはその責任を負いません。
  • 出品された作品の著作権は主催者側に帰属し、作品返却は致しません。ただし、ご希望の方には有料で受賞記念品としてご返却いたします。
  • 本大会では、奨励のため、成績優秀者の作品・氏名などを大会HPおよび受賞者名簿に発表します(掲載拒否を除く)。※個人情報保護ポリシーについては大会のHPをご覧ください。
  • 海外から出品された場合、「賞状・賞品」をお送りする際の荷造送料は、実費の半額ご負担いただきますのでご了承ください。

19) 審査基準について

  1. 誤字脱字がないか
  2. 筆順正しく丁寧に書かれているか
  3. 文字の中心が揃っているか
  4. とめ・はね・はらいに留意し、基本点画(縦画・横画・点・折れ・払い・はね・まがり・そりの書き方等も含む)に注意して正しく書かれているか
  5. 点画の接し方、交わり方、方向などの習熟度
  6. 様々な部首の書き方と文字の組み合わせ方の習熟度
  7. 文字の形、大きさ、中心の取り方、配列、漢字と仮名及び作品全体のバランスなどの習熟度(余白は重要なポイント)
  8. 大小の漢字及び仮名文字を理解して書いているか(こ・と・め・る等)
  9. 硬筆用具の特性の活かし方、毛筆における筆づかいの習熟度
  10. 作品の取り扱い方(汚れ・破れ・硬筆作品の折れなど)
  11. 学年にふさわしい課題・書体(小学生が隷書作品を書くなど)
  12. 学年・氏名がしっかり書けているか
  13. 出品規定に沿った作品であるか
  14. 手本などを写して書いていないか
  15. 用具用材の特性の活かし方
  16. 毛筆作品における澄の濃淡・潤滑などの活かし方
  17. 本文と署名のバランス
  18. 本文と雅印とのバランス
  19. 雅印の押し方・位置
  20. 作品全体の構成