第35回大会 実施要項

年賀はがきコンクールとは

「年賀はがき」または、年賀はがきサイズの「応募用はがき」に、規定課題(または自由課題)の文字を書いて応募していただく全国大会です。

文字の上達を第一目的とし、さらにはがきサイズに書くことで、空間把握能力がつき、実際に書く際にも役立ちます。お正月の恒例行事として根付いている年賀はがき。本コンクールに出品することで習得された文字や感覚を、ぜひ年賀状に日々の生活にお役立ていただければ幸いです。

大会要項

■応募規定

1)課題内容  規定課題 課題表または参考手本参照

自由課題 年賀のことばとしてふさわしい文面

※作品本文には学年・氏名を記入すること。ただし、幼児は名前のみでも可。高校生以上は氏名のみ

2)応募資格 年齢を問わず応募できます。幼稚園・学校(クラス単位も可)および塾等の団体応募を原則としますが個人応募もできます。

3)応募用紙 ①応募用はがき ②郵便年賀はがき ③郵便はがき のいずれか

4)応募点数 規定課題…1人1作品まで 自由課題…何作品でも可 ※ただし課題が別であることが条件

5)応募方法 応募票を記入し、作品と一緒に送付

6)筆記用具 自由 目安として小学生までは鉛筆、中学生以上は鉛筆以外のペンや小筆など

7)シニア枠 75歳以上の方の作品をシニア枠として審査

ただし、作品記載事項に年齢の記入がない場合は通常の審査とさせていただきます.

8)作品について 応募作品は主催者帰属とし、原則として返却はいたしません。

ご希望によりアルバム(有料)としてお送りいたします。詳細は結果通知資料をご覧ください。

■特別賞

総務大臣賞 大学・一般 1名
文部科学大臣賞 幼年/小学1・2年/小学3・4年/小学5・6年/中学生/高校生 各1名

計6名

特別名誉大賞/学年優勝杯/一般優勝杯/日本年賀はがき特別大賞/全書会会長賞/日本年賀はがき大賞/日本年賀郵便大賞/日本年賀はがき準大賞/日本年賀郵便準大賞/全書会賞/年賀郵便奨励賞/審査委員会賞/書写検賞/特別教育奨励賞

 

出品料

 

●団体応募 ・幼年~高校生 540円 ・大学・一般 1,080円
●個人応募 2,160円

(20点以上の団体は割引有り)

※4点以下の一般団体は1点につき2,160円になります。

送金方法 郵便振替で納入下さい。(小額の場合は、小為替も可)

郵便振替口座 東京00120-9-585989
 口座加入者名 一般社団法人 全書会

参考手本

必要な方はダウンロードページまたは大会ホームページよりプリントアウトしてご利用になるか大会事務局までご注文下さい。

応募規定

作品及び応募用紙

  1. 事務局で販売している「応募用はがき」に仕上げる。
  2. 作品を仕上げた「郵便年賀はがき」又は「郵便はがき」を、ダウンロードした「出品票」の裏面に貼る。はがきの宛名面の左右上部端に、軽く糊づけする。
    1.2のどちらかでご応募下さい。

 

応募はがき注文方法

  • 団体・・・規定の「応募はがき等申込書」をご利用ください。

今年度の出品表についての変更点

※お持ちでない方は団体責任者用ページより印刷してご利用頂くか、大会事務局迄お問い合わせ下さい。

  • 個人・・・1セット(応募用紙・参考手本・応募はがき10枚)を400円でご用意しております。400円分の切手を同封するか、振り込み後の受領書をコピーして同封の上、 学年・氏名・住所・電話番号を必ず記入し大会事務局までお送り下さい。

筆記用具

硬筆用具

※ただし、小学生は鉛筆、中学生以上はなるべく鉛筆以外の用具を使用して下さい。

※消せるボールペンは使用しないで下さい。

課題

  • 規定課題  課題表にそった学年の課題を仕上げてください。
  • 自由課題  年賀のことばとしてふさわしい文面で学年指定の規定用紙マス内に収まる課題。

※作品本文には学年・氏名をご記入下さい。(幼児は名前のみも可)

応募方法

  • 団体応募・・・団体責任者は所定の「団体応募用紙」と「出品目録」に必要事項を記入し、作品・出品料払込受領証と共に送付してください。出品目録は成績通知用として使用します。
  • 個人・・・所定の応募用はがきに必要事項を記入し、出品料を添えて送付してください。

応募締切

平成31年1月15日(火) 必着

審査方法

文部科学省学習指導要領にもとづき本コンクールの目的に沿って、文字を主体とした審査を行います。

入賞発表

団体応募の場合は、責任者に通知いたします。個人応募の場合は、賞状ならびに賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。出品者の約10%にあたる、優秀特選以上の上位入賞者は、「ネット展」、「受賞者名簿」および大会ホームページに、2月上旬頃に発表いたします。

応募者全員に賞状を贈ります。なお成績優秀者には賞品もあわせてお贈りします。

表彰式

(財)日本教育会館において、上位特別賞受賞者を対象として平成31年2月17日(日)に行う予定です。

特別賞上位入賞者は、表彰式当日に席書を行います。

作品の返却

応募された作品の著作権は主催者に帰属します。原則として返却はいたしません。ただし、特別賞~金賞までに入選された方の作品は、希望により有料でアルバム製作しお送りします。