喜びの一言 受賞作品

第33回大会受賞者喜びの一言

文 部 科 学 大 臣 賞


辻本 怜史
ホザナ幼稚園年長
 おけいこにいくと、けいこせんせいがニコニコしながら、「いちばんになったんだよ。」とはなしてくれました。さいしょ、ぼくはなんのことかわからないでいると、「おともだち」が、しょうにえらんでもらえたことがわかりました。れんしゅうはたいへんだったけど、ぼくはやっぱりもじをかくことがだいすきです。じをかくたのしさをおしえてくれたけいこせんせいに「ありがとう」といいたいです。
ぼくはもうすぐようちえんをそつえんして、しょうがくせいになります。これからもれんしゅうして、もっときれいなじをかけるようにがんばります。

小池 結
東京都板橋区・淑徳小学校一年
このたびは、「もんぶかがくだいじんしょう」というすばらしいしょうをいただき、ありがとうございました。おかあさんからきいたときはすごくうれしくてとびはねました。
ようちえんの年ちょうさんのとき、こうひつコンクールでとくべつしょうをいただいたときから、いつかいちばんのしょうをとりたいとおもってがんばってきました。
こんかいのかだいは「やさしいこころをもとう」というかだいで、わたしがもくひょうとしていることでした。だからこのかだいでしょうがとれたことがうれしかったです。
これからも、やさしいこころをもって、おうえんしてくれているせんせいやかぞくに、かんしゃのきもちをわすれずにがんばりたいとおもいます。

福田 紗七海
兵庫県神戸市立なぎさ小学校四年
  私は毎回の大会で新しい課題に取り組み始めるとき、文字にまとまりがなく、本当に仕上げられるのか、とても不安になります。検定や練習で何度も書いたことのある文字でも、文章になるとすぐにうまく書くことができませんが、大会には目標があるのでがんばる気持ちがわいてきます。大会には、しめ切りがあるので練習に集中し、何度も何度もくり返しおけいこすると、てい出するころには、自信がなかった課題も大好きになってきます。
私は将来、手紙を出した人に、「美しいな」「きれいだな」「気持ちいいな」と思ってもらえるようなすてきな文字が、書ける人になりたいと思います。そのために、これからも大会や検定のおけいこをして、文字だけでなく毎日の生活にも気を付けて、当たり前のことが、当たり前にできるような人になれるように、これからも努力していこうと思います。

長澤 美日菜
鹿児島県霧島市立国分小学校五年
このたびは、大変すばらしい賞をありがとうございました。
先生から受賞の知らせを聞いた時は信じられませんでしたが、いつも泣顔を見せないお母さんの涙を見たらうれしさが込み上げてきました。
今回は、練習が始まった時からインフルエンザとの戦いでした。締切り最終日には家族がインフルエンザになり、教室に行けず特訓にも参加できなくなったと聞いた時は、仕上げられないと思い悔しくて泣いてしまいました。いつも一緒に頑張る仲間がいない家で一人書く清書は、すぐ他の事に気が散ってしまい気合がはいりませんでした。でも、最後まで諦めずに頑張れと聖子先生に励まされ、メールで何度も悪いところは訂正してもらいながら夜おそくまで清書を頑張りました。
この作品が書けたのは、教室に行けない時でも励ましてくれた先生、応援してくれた家族のおかげです。
これからも感謝の気持ちを忘れず、どんな時も諦めず、もう一度一位をいただけるように頑張りたいと思います。

田嶋 優理香
東京都豊島区・ 豊島岡女子学園中学校三年
この度は、「文部科学大臣賞」という大変名誉ある賞をいただき、喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。中学生として出品できる最後の大会だったので、納得の一枚を仕上げるために、いつも以上に一つ一つに集中して丁寧に仕上げることを心掛けました。細かいミスで全体のバランスまで崩れてしまうこともあり大変でした。
同じ教室の中で自分よりも年下の子が良い賞をもらっているのを見ているのはとても嬉しかったですが、自分はその中でやっていけているのかという不安や焦りもありました。それでも、自分が賞をいただけたことを喜んでくれた先生、仲間、家族がいるからこそ、このような形にできたのだと強く感じました。
私は、熱心にご指導してくださる先生と、いつも一緒にいる応援し合いながらも切磋琢磨できる仲間と書写書道の練習をすることが大好きです。これからも感謝の気持ちを忘れず、精進してまいります。

須藤 陽恵
東京都立青梅総合高等学校三年
  この度は、「文部科学大臣賞」という大変名誉ある賞をいただき、感謝の気持ちと共に大変嬉しく思います。
今回は、高校生最後の大会出品ということもあり、より一層集中して仕上げました。硬筆で線の強弱をつけるのが難しく、自分なりに工夫し、細やかな神経を使いました。
また、文章の意味も感じ取りながら書きました。今回の言葉は、高校を卒業し、社会に出ていく私にとって、大変心に残る言葉でした。来年度からは、大学生として、社会の一員として、社会に貢献できるよう精進し、書道を学び続けたいと思います。
このような賞をいただけたのは、授業日以外にも教室を使わせていただき、丁寧にご指導してくださった先生や、家族の支えがあったからです。この感謝を忘れず、この賞に恥じぬよう、今後も精進してまいります。

坂野 萌寧
東京都青梅市立藤橋小学校四年
この度は「文部科学大臣賞」というすばらしい賞をいただきありがとうございます。
先生から電話で「もねちゃん大臣賞取れたよ」と知らせを聞いた時はとてもうれしかったです。
私はこの大会にはとても力を入れていたので毎日朝から夜まで練習に通い、400枚以上練習しました。今回の作品は、ひらがなが大きくなって「力」が小さくなったりしてとても苦労しました。でも練習を重ねると文字の大きさやバランスが整ってきました。練習の後半になってくると納得いく作品ができたのでとてもうれしかったです。いつも教室で丁寧に教えてくれる先生や練習を楽しい時間にしてくれる友達、いつも応援してくれる家族には本当に感謝しています。
これからもまたこの賞を目指して、日々の練習を大事に頑張って行きたいと思います。

菅原 明
東京都あきる野市立多西小学校六年
この度は「文部科学大臣賞」という大変すばらしい賞を頂き、喜びと感謝の気持ちで一杯です。まさかこのような賞を自分がいただけるとは思いもしなかったので、本当におどろきました。
ふだんの練習は、週二回、二年生の時から一人でバスと電車を使い通っています。
今回の作品「自然の美」の練習の時には、字が太くなったり、細くなったりと、毎回かわりとても苦労をしていました。
自分の中でもまよいが多かったですが、その時に先生方がいろいろなアドバイスをしてくださり、一つ一つ練習してきました。このようなすばらしい賞を、いただけたのも先生方、一緒に習っている仲間のおかげだと思います。
この賞が、ゴールではなく、これからも、日々努力していきたいと思います。
最後に、いつも僕を送迎してくれた両親にも、お礼を言いたいと思います。
これからも、一生懸命練習をして、努力していきます。

谷本 凜佳
福島県いわき市立泉中学校二年
この度は、「文部科学大臣賞」という大変名誉ある賞を頂き本当にありがとうございます。
今回の課題は、字のつながりや筆使いがとても難しく、特に字と字の大きさのバランスや、形を整えることに苦労しました。
中学二年生になり、先輩としての責任もでき、部活を終えて疲れたまま書道教室に向かう日々でした。しかし、この「人類の幸福」という課題は書いていてとても楽しく、教室の仲間たちとも一緒に楽しみながら練習することが、私の支えとなり、幸せな時間でもありました。私がこのように思えたのは、いつも熱くご指導下さる先生、支えてくれる家族のおかげです。
これからも、この賞に恥じないよう、より一層努力してまいりたいと思います。本当にありがとうございました。

髙野 瑞貴
九州女子大学二年
この度は、「文部科学大臣賞」という大変名誉ある賞を頂き、誠に有難うございます。
受賞した作品は、中国の清時代に楊峴によって書かれた「漢陳文範碑」を臨書したものです。私はこの古典を高校時代から取り組んできました。現在、大学では様々な技術を身につけるため、数多くの古典に挑戦していますが、今回、自分の専門分野をさらに向上させたいと思い、この古典で展覧会に臨みました。作品を制作する際、この古典の特徴である「筆の抑揚による線の揺れ」を表現するだけでなく、自分なりに工夫を加え、「統一された文字の美しさ」を表現し、紙面がすっきりと見えるようにまとめました。
私がこのような賞を受賞できたのは、高校時代に身につけた技術をさらに発展させ、視野を大きく広げてくださった先生方のご指導のおかげだと思っています。指導してくださった先生方、審査に当たられた先生方に、心から深く感謝致します。

特 別 名 誉 大 賞


別所 優月
東京都中野区立平和の森小学校二年
このたびは、大へん大きな賞をいただき、ありがとうございます。初めていただく賞なので、とてもうれしいです。
今回、このかだいを書いている時に、吉田先生に「優しい言葉」と書いたものをいただきました。私の名前の一字があったので、とても好きな言葉になりました。
お家に帰ってから、その意味を考えてみました。それから学校でもお友だちに対して「優しい言葉」でお話すると、お友だちもしぜんと私に「優しい言葉」をかけてくれて、この言葉が大好きになりました。
字を書くことも同じで、優しい気もちの時には優しい字、つかれている時にはつかれている字になるな、と思っています。
かだいの明るく元気な子になることと、「優しい言葉」を使うことを心がけながら、みんなをえがおにする一年にしたいなと思います。
しんさして下さった先生方、私の作品をえらんで下さりありがとうございました。

坂枝 采
三重県いなべ市立大安中学校一年
この度は、「特別名誉大賞」という大変すばらしい賞を頂きありがとうございました。
今回は、行書の課題で挑戦しました。今まで書き慣れてきた楷書とは違ったので少し難しかったのですが、自分の個性を生かし、のびのびとした字が書ける様に意識しました。又、中学生になり、部活と勉強で忙しく、小学生の頃と比べて練習する時間が短くなりましたが、その分時間を大切に集中して書きました。
思う様に書けず悩む時もありましたが、そんな時は先生の温かく丁寧なご指導のおかげで頑張ることができました。
時には、同じ中学生同士で作品を見比べたり、お互いにアドバイスしました。
いつも教室へ送迎してくれる家族に感謝しながら、これからも努力をおしまず、日々の練習を大切にしていきます。

児嶋 美織
早稲田大学三年
この度は、「特別名誉大賞」という大変名誉ある賞を頂き、心より感謝申し上げます。
今回は課題の内容について強い思いを心に込めて書きました。私自身も、「無二の親友」と呼べる存在の大切さを改めて感じることができたのです。時に競い合い時に認め合う存在がいることがどれだけ恵まれた環境であるかに気づき、感謝の気持ちで一杯になりました。私の身近にいる方々への感謝の気持ちを込めて書いた作品が、このような素晴らしい結果につながり驚きましたが、本当にうれしいです。
私がこれまで出会ってきた人や経験してきた事が私を成長させてくれたという事実は、私の人生において大きな糧となります。これからもこの糧を誇りに、自分らしく精進して参りたいと思います。

伊藤 美佳
東京都青梅市立霞台中学校三年
この度は、「特別名誉大賞」という大変素晴らしい賞を頂き、本当にありがとうございました。
今年は、高校受験もあり、今までよりも教室に通う回数が減って限られた時間の中で練習をし、仕上げなければいけませんでした。そのため他の大会や、普段の検定でもあまり納得のいく作品を書くことができませんでした。しかし、高校の受験日が近づいていくほど、「あきらめたくない」気持ちと、「まだまだ頑張らなきゃ」という思いが強くなっていきました。仕上げることができるのかと不安になることもありましたが、上手に書けたときはとても気持ち良く、心がすっきりしました。
中学で最後という節目の大会で、賞の知らせを聞いたときは、嬉しい気持ちで一杯でした。この気持ちを感じることができるのは、書写を始めてから約十年間、私のことを見守り、支え続けてくれる家族や、家族のように優しく、ときには厳しく指導してくださる先生方のおかげです。本当にありがとうございます。これからもこの喜びと感謝の気持ちを忘れずに、日々努力していきます。

西嶋 香菜
岡山県岡山市・明誠学院高等学校一年
 この度は「特別名誉大賞」という大変素晴らしい賞を受賞させていただき、有難うございます。
高校では書道部に入り、この一年で様々な書体を学んできました。その一つが仮名です。今回は『古今和歌集』より紀貫之の春の歌を、中務集を基調として創作しました。最後まで切れ味鋭い線や渇筆を出すことに苦労しましたが、運筆のスピードに気を付け、線質に変化をつけることを心がけ、書き上げました。今回の作品を通して少しずつですが、線の引き方が分かってきたように思います。今後もたくさん臨書し、そして、自由自在に創作出来るよう多くの作品を見て、勉強を続けていきたいと思います。まだまだ、書写と書道の違いに戸惑い、常に悩んでいますが、漢字も仮名も書けるよう毎日練習を続けていきます。
このような賞をいただけたのも、いつも熱心にご指導くださる先生方をはじめ、共に頑張っている仲間のおかげだと思います。今後も感謝の気持ちを忘れず、書はもちろん人としても成長できるよう、精進してまいります。この度は、誠に有難うございました。

学 年 優 勝 杯


藤倉 真央
東京都青梅市立第四小学校三年
この度は、「学年ゆう勝杯」というすばらしい賞をいただき、ありがとうございます。先生のところに受賞の連らくが来た時、わたしはちょうどお教室でこう筆の練習をしていました。とてもびっくりしましたが、すごくうれしかったです。
今回のか題では、「気持ち」がとてもむずかしかったです。「気」の四画目のはね、「持」はてへんを下げすぎない様にしました。「ち」は大きさに気をつけました。先生に教わった事を思い出しながら、一枚ずつ丁ねいに書きました。たくさん練習してこのようなすばらしい賞に入れてよかったです。
丁ねいに指どうして下さった先生、おうえんしてくれる家族にも感しゃしています。これからは「文部科学大臣賞」という高い目ひょうをもってがんばりたいと思います。毛筆でも賞がとれる様に努力していきたいです。

松尾 優華
大阪教育大学附属天王寺小学校六年
 朝、母から「書き初め展、学年優勝杯だったよ。」と言って起こされ、うれしすぎて眠気が吹っ飛びました。私は高学年になってからの約二年間、受験で教室を休んでいたので今回は久しぶりの大会出品でした。硬筆練習を再開したころは、なかなかコツがつかめず、最後まで集中が続かず大変でした。そんな時、先生がいったん毛筆をしようとすすめて下さり、条幅の練習をしました。次にまた硬筆をすると、調子が出てきて、前の練習で書けなかった悔しさからやる気も出て、良い作品が出来ました。今、考えてみると、これは敬子先生の作戦だったのかもしれません。それでも書けない時がありましたが、そんな時は友達が素晴らしい字を書いているのを見て、頑張らないと上手くなれないと自分に言い聞かせました。
今回、私が「学年優勝杯」をとることが出来たのは一緒に頑張る友達、いつも熱心にご指導して下さる敬子先生の支えがあったからだと思います。中学生になっても、素晴らしい友達と先生に恵まれていることに感謝し、頑張っていきます。

池田 領納
三重県いなべ市立大安中学校二年
この度は「学年優勝杯」という大変名誉ある賞を頂き、喜びと感謝の気持ちで一杯です。
今回の課題を練習するにあたり、最も注意したことは強弱をつけて書くことです。小学生の頃から苦手だったので特に意識して書きました。しかし、思い通りの字が書けず、まずは漢字を筆順辞典で調べることから始めました。練習時間がなかなか取れなかったため普段の練習の何倍も集中し、先生に熱心にご指導いただいたり、「努力に勝る天才なし」と心に言い聞かせながら一枚一枚丁寧に仕上げました。納得のいく作品ができるよう細部まで注意を払い、上手に書けた時は嬉しさが込みあげ、字を書くことが楽しくなりました。
先生や良きライバル、いつも送迎してくれる家族に恵まれ感謝しています。これからも書の楽しさを忘れることなく、日々努力していこうと思います。

森田 彩香
兵庫県西宮市・ 神戸女学院高等学部一年
 一年の最後の出品となる本大会、私は苦手意識のある硬筆課題を選び、大変多くの学びを得ることができました。小さい頃から気がつくと体や手に力を入れすぎてしまい、中学生になってもペンの練習において先生に「字形は取れているけれど、力を入れすぎず筆圧の強弱をつけることが大事」とアドバイスを受けていました。そして、今回の練習を通じてだんだんと自分なりに硬筆のコツをつかみ始め、硬筆の楽しさをやっと感じることができました。今回の出品は私にとっての苦手なものへの挑戦でもありましたが、やり遂げられたことが何よりの自信に繋がったのではないかと思います。
今回の受賞を励みに、様々な場面においても自分で限界を決めず、書写から得た経験を強みにし、何事にも挑戦していきたいです。

野﨑 航平
東京都立国立高等学校二年
この度は「学年優勝杯」という大変名誉ある賞をいただき、喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。
今回の大会は練習できる期間が短く、ほとんど練習時間を取ることが出来なかったので、最後の仕上げの日に集中して取り組みました。今回の作品では文字の大きさを調節することに苦労しました。初めはどうしても文字が小さくなってしまい、文字と余白のバランスを整えるのがとても難しかったです。短い時間でしたが、先生からなんどもアドバイスをいただき、納得のいく作品を仕上げることが出来ました。
今回、限られた時間の中で集中して仕上げた作品が、、このような結果につながったことはとても励みになりました。何事も最後まであきらめずに挑戦することの大切さを改めて実感することが出来ました。
来年は大学入試が控えています。受験勉強でも書道で培った集中力や諦めない気持ちをもって、目標に向かって頑張りたいと思います。
最後になりましたが審査にあたられた先生方、いつも熱心に指導して下さる先生方、本当にありがとうございました。

尾形 惇希
山形県山形市・べにばなこども園年長
 ぼくは、先生から「賞をもらったよ。」と聞いた時、とてもうれしかったです。
年長になってから、毎日ひらがなとカタカナの練習を頑張っています。
これからも、「きれいな字だね。」と言われるような文字を書きたいです。 尾形惇希 この度は、すばらしい賞をいただき、ありがとうございました。
先生から受賞の連絡をいただいた時は、ただ驚きばかりでしたが、「頑張って書いたんだよ。」と息子の言葉を聞き、喜びがこみ上げてきました。惇希は、どんな事にも全力で頑張る子です。きっと、書いた文字には、惇希の気持ちが表れてるのだと思います。
ご指導下さった先生方、このような機会を与えて下さった主催者の方々に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。 母より

牧野 拓馬
東京都昭島市立拝島第三小学校一年
こん回、学年ゆうしょうはいをもらえて、とてもうれしかったです。
「て」が小さくなったり、「り」のはらいがうまくいかなかったりして、なん回もかきなおしました。先生たちがたくさんおしえてくれたので、上手にかくことができました。
一生けんめいがんばれたのも、先生のおかげです。ありがとうございました。
またしょうをもらえるように、これからもがんばりたいです。

荒井 篤志
群馬県館林市立美園小学校二年
習字をならいはじめたのは、ようち園の年長のころでした。それから毎年、冬休みのほとんどは、習字のれんしゅうをしています。
今年の冬は、習字の教室がある日は、そこで六時間ほどれんしゅうをしました。教室が休みの日は、三つ年上の姉と家でれんしゅうをしました。じょうふくの紙に書く時は、左手で体をささえて書くので、手首がいたくなります。でも、姉が習字のれんしゅうを毎日がんばっていたので、手首がいたくても、自分もれんしゅうをする気になれたと思います。
今回、字のバランスをとるのがとてもむずかしかったので、学年で一位になったということをきき、とてもおどろきました。そして、とてもうれしかったです。このことで、これからもっと習字のれんしゅうをがんばってみようと思いました。先生、これからもよろしくおねがいします。

神原 結愛
埼玉県春日部市立武里西小学校三年
この度、「学年優勝杯」という、とてもすばらしい賞をいただき、ありがとうございます。とてもうれしいです。
毎日、家で練習をし、上手に書くことができた日もあれば、上手に書きたいのに思うように書けない、今までできていたことができなくなってしまうなど、くやしくてたくさん泣いた日もありました。でも気持ちを切りかえて、お手本や今まで練習してきた作品をよく見直し、練習を続け何枚も書きました。休みの日には、習字の先生に教えてもらい、上手に書けた時は、とてもうれしくなり、また練習に力が入りました。最後まであきらめず、一文字一文字ていねいに書いた作品が、このようなすばらしい賞をいただくことができて、今までがんばってきてよかったです。
いつも優しくていねいに教えてくださる習字の先生、ありがとうございます。これからも字が上手に書けるようにがんばりたいです。

清原 唯加
兵庫県神戸市立高羽小学校五年
私は大会の特訓が始まる前日にインフルエンザにかかってしまいました。五日間も教室に行けないので練習量が少なくなるから、今回の大会は出品出来ないとあきらめていました。しかし母は、「家でも練習は出来るから頑張って!」と私を励ましてくれ、「絶対にあきらめないぞ!」と心に決めて家で何枚も何枚も練習しました。そして、締め切り日の二日前、ようやく教室に行きましたが、いつも一緒に練習している仲間達が上手になっていて、今回はもう無理かもしれないと思い、心が折れそうになりました。そのような中でも、敬子先生やお母さん、何よりも亡くなったおばあちゃんに一位のトロフィーを見せたいと思い、先生に教わったこと、自分で感じたこと、全神経を集中して、いつもより手本を見て一枚一枚ていねいに書き上げました。夜遅くまで書き続け、最後は納得のいく作品ができ、受賞の知らせを聞いた時は本当にうれしさがこみあげてきました。今回のことをわすれず、これからも最後まで諦めない気持ちで作品に取り組んで行きたいと思います。

大西 裕子
東京都立三鷹中等教育学校一年
この度は、「学年優勝杯」という大変名誉ある賞を頂くことができ、喜びと感謝の気持ちで一杯です。
先生から受賞の報告を受けた時、すぐには実感が湧きませんでしたが、多くの方に祝福してもらい、「本当に受賞できたのだ」と感じることができました。
今回は、家族で富士山を見に行った時、雄大できれいな富士山だったことを思い出し「富士の白雪」という課題にしました。その課題でこのような賞を受賞できたことは特に嬉しく思います。
中学生になって上手く時間を作れなかったこともあり、少ない練習時間でしたが、そんな中でも受賞できたのは熱心に指導してくださった先生方、いつも送り迎えをしてくれた母のおかげだと思います。
支えてくれた方々に感謝し、次はもっと上の賞を目指して、日々練習に励みたいと思います。

荒山 瀧一朗
栃木県立栃木高等学校二年
この度は、「学年優勝杯」という、大変素晴らしい賞を頂き、喜びと感謝の気持ちで一杯です。
今回挑戦したのは、仮名の作品です。仮名の作品を書くのは今回が二回目でしたが、字形や墨の濃淡、行間の取り方など多くの課題がありました。一つ一つを改善するのに大変苦労しましたが、時間を見つけて何枚も何枚も練習に励み、今回の結果につながったと思います。
こうして素晴らしい賞を頂けたのは、いつも熱心にご指導くださる先生方、そしていつもそばで支えてくれる家族の存在であると思います。本当にありがとうございます。
今後は勉強も忙しくなると思いますが、この賞に恥じることがないよう、努力を惜しまず、一層精進して参ります。

三瓶 舞希
東京都小平市・創価高等学校三年
この度は、「学年優勝杯」という素晴らしい賞をいただくことができ、とても嬉しく思います。私は高校から書道部に入り、これまで時代や字体の異なる様々な古典の臨書に取り組んできました。特にこの一年間は、篆書を中心に臨書や創作の作品を書いてきました。その集大成として書いた今回の作品は、趙之謙の書を臨書したものです。線の力強さと美しさを表現するのに苦労しましたが、最後まで楽しんで書くことができました。そして、三年間で一番悔いのない作品となりました。その作品をこのように評価していただくことができたことは大きな自信となりました。これまで指導してきてくださった先生と、共に作品作りに励んできた仲間、応援してくださった方々に感謝の気持ちで一杯です。私は書道を通して人として多くのことを学ぶことができたと感じます。これからも書道を続け、技術と人格を磨き、成長していきます。本当にありがとうございました。